受付時間:平日 9:00~17:0003-3753-1666

無料相談 / お見積り

TEL

CONTACT

【深絞り加工】SUS304 文房具・シャープペンシルのキャップ

【深絞り加工】SUS304 文房具・シャープペンシルのキャップ

 

~海外調達にて試作品のコストダウン!!~

 

ご相談

大手文房具メーカ様からのご依頼。納期、コスト要求が厳しく、国内生産では量産が難しい。

調達内容
生産方法

中国の自社工場にて製作。納期2週間にて日本に納入。

効果

予算内にコストを抑えることができた。TECH-JOURNEYが全数検査行う事で海外調達の不安感を払しょく。

 

 

ステンレスの絞り加工について

 

 

弊社はステンレス/SUSの絞り加工を得意としています。平板のシート材から繋ぎ目のないシームレスな筒・パイプを製作することができます。ステンレスはとても硬く加工するとシワが出やすい材料となります。弊社は独自の金型技術を活かして外観も綺麗に仕上げる加工が可能となっています。また独自の潤滑油 (絞り油)を開発して工場内で使用しています。このようにステンレスの絞り加工は 機械+金型+加工技術+ノウハウが重要となります。弊社では他社では実現できないようなすステンレスの深絞り・異形絞りなど次々と実現しております。

 

ステンレスとは?

 

 

鉄にクロムを添加していくとだんだんとさびにくくなっていきます。10.5%以上のクロムを添加し非常にさびにくくなったものをステンレス鋼といいます。ステンレス鋼は耐食性以外にも 耐熱性・加工性・強度など優れた特性を備えています。意匠性にも優れ、メンテナンスが容易であることも大きな特徴です。環境に対する社会の関心が高まるなか、100%リサイクル可能な材料として高く評価され、大変注目されています。

 

ステンレス使用実績材料

 

オーステナイト系 SUS304 SUS316
フェライト系 SUS430
マルテンサイト系 実績無

 


中国生産においてのコストメリット

 

 

日本の製造原価より20~40%は安く作れる?

 

中国で原価は『日本に比べて安い』と考えているとした人たちはとても多い。どの程度安いのか?との質問に皆20~40%のコストダウンを実現していると回答する人が多い。

20%以上の原価の差。。。これだけでも驚きに値するが、現地で良く話を聞くとこのような声が聞けた。「日本のモノづくりと原価を比べる事にあまり意味はない。競争相手は現地や台湾系企業や進出日本企業であり、勝ち残りのためには更なる原価低減が必要」というのである。

中国の現地企業も荒波の中で揉まれ、時代を生き抜いて行かなければならないのである。

 

工場イメージ

 

中国ものづくり競争力での一番の関心ごとは『品質競争力』

 

中国はコスト競争力向上が一番の経営課題であり、低コスト実現に向けて進出企業との厳しい競争が続いている。低コスト実現のためにものづくりの一番の関心ごとは『品質管理力』という結論が出ています。品質不具合はコストへの直接影響を及ぼす。完成品の検査という行為で成人の品質は一定のレベルを保証しているのだが、品質が安定しているのかと言えばなかなかそこまではきていいないのである。

 

しかしながら、一部の中国のモノづくりは非常に高いレベルになってきている。プレス加工の分野では金型設計能力から量産技術まで日系企業を上回る企業も出てきているし、マシニング加工の分野では金型製作で培ってきた技術力、スマートフォン製作で築き上げた多くの実績があります。

 

 

中国では多くのスマートフォン部材を機械加工で製作してきた実績がある。

 

中国は人口も多く、土地も馬鹿でかい、一概に中国のモノづくりを一つにまとめて語るのは私は出来ないと考えている。日本の技術力を越す企業もあれば、皆さんの創造通りの粗末品を製作している企業もある。中国の現場はピンからキリまであるのが現実です。

 

皆さんが海外調達する場合は、真剣に相手企業と向き合って優秀なサプライヤーを探すことが重要です。弊社も外注先探しには毎度苦労しますが、長い年月をかけて協力会社を増やしてきました。

中国での機械加工、マシニング加工ならご相談ください。

 

 

 

TECH-JOURNEY 金属・樹脂加工部品の海外調達

〒143-0024 東京都大田区中央8-45-6

TEL: 03-3753-1666 FAX: 03-3754-6052

URL: http://tech-journey.jp

無料相談
受付中

試作品から量産まで幅広く対応いたします。お気軽にご相談ください。

受付時間:平日 9:00~17:00

03-3753-1666

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください

メールはこちらから