受付時間:平日 9:00~17:0003-3753-1666

無料相談 / お見積り

TEL

CONTACT

TECH-JOURNEYでは
レーザー加工試作量産までを受けたわっています。

 

板金加工/レーザー加工とは?

金属の板を切断したり曲げたりする加工方法となります。自動車業界、建築業界、家電製品など多くの場所で板金加工を使用しています。金型を必要としないのでイニシャル費用がかからないのが特徴です。生産数量としては試作品として1個から小ロット生産おつぃて1000個程度までがコストメリットがでると考えられています。それ以上の場合はプレス金型を製作した方が安い場合があります。

 

加工機 工程 おおよその生産量 メリット/デメリット
タレットパンチ(NCT) 外形抜き 月産1000 型がないため、設計変更に対応できる
簡易成形 企画生産量が減少した場合でも損失が少ない
レーザー切断 外形/抜き 急な大量生産(1日1000個など)に弱い
ベンダー 曲げ絞り(仮型) 数量が増えても大幅なコストダウンができな

板金加工に使用される主な材料

板金に使用される流通性の良い材料となります。素材選びの際に、流通性のある板厚を選択するのも大事です。アルミやバネ材などは、硬さなどの規格もありますので注意が必要です。規格はあっても、すぐに手に入らないものもあります。下記をご参考にしてください!

材質および板厚 0.1 0.2 0.3 0.5 0.6 0.8 1.0 1.2 1.5 1.6 2.0 2.3 2.5 2.6 3.0 3.2
SPCC,SECC
SUS
アルミニウム
(A5052P-H34)
板バネ(SUS304CSP)

研究開発用の試作品小ロットから板金加工対応いたします。

弊社ではお客様の要望する 数量やコストに合わせて最適な加工を方法にて製造をいたします。 国内、海外にて製造が可能での納期、価格のご相談はお気軽にしてください。

 

タレットパンチ

タレットパンチ

レーザー抜き

レーザー抜き

無料相談
受付中

試作品から量産まで幅広く対応いたします。お気軽にご相談ください。

受付時間:平日 9:00~17:00

03-3753-1666

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください

メールはこちらから