金属・樹脂加工部品の海外調達ならテックジャーニー

金属・樹脂加工部品の海外調達ならテックジャーニー

加工のご相談・お見積りはこちら

小型・軽量化・高性能化に貢献するステンレス 

HDDの中にも非常に高速で回転する小型モーターが内部で活躍しています。いずれも小型で、かつ信頼性が高いことが必要なことから、ステンレスの耐食性、耐久性が高く評価されています。

特に駆動部の回転軸などには、多くのステンレスマイクロシャフフトが使われていて、機器の小型化・軽量化と高寿命化に貢献しています。

マイクロシャフフト用の材料は焼入れ鋼のマルテンサイト系ステンレスと耐食性が優れ非磁性のオーステナイトステンレスが使い分けられています。

マルテンサイトステンレスは、主にSUS420J2が使用され、HV500~700程度の非常に硬い状態で使用されます。硬いほうが耐摩耗性が高く、また細軽化が可能で、機器の小型化につながっています。

オーステナイト系ステンレスシャフフトは、硬さがマルテンサイト系より低いのですが、非磁性が要求される部品に採用されています。機器の高性能化が進んだため、マイクロシャフフトが回転中にわずかに10数ミクロンたわんだだけで、高画質VTRの画像が歪んだり、HDDが誤作動したりします。

試作品から量産まで幅広く対応いたします。お気軽にご相談ください。