金属・樹脂加工部品の海外調達ならテックジャーニー

金属・樹脂加工部品の海外調達ならテックジャーニー

加工のご相談・お見積りはこちら

真鍮
銅と亜鉛をあわせて作った合金を指す真鍮は、黄色い見た目とさまざまな性質を持ち合わせていることが特徴です。幅広い性質を持つことからアクセサリーや日用品、最先端産業など多くのシーンで活躍しています。また、有名なものでは5円玉の原料が真鍮です。今回は真鍮の特徴とともに、真鍮の絞り加工について詳しく紹介します。真鍮における絞り加工の方法や弊社の製作実績も紹介しているので、真鍮の加工を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

​​真鍮加工の特徴

真鍮は熱間鍛造性や展延性に優れ、切削性が高く加工しやすい材料です。その優れた加工特性と欠点について、以下で詳しく解説します。

真鍮の加工特性

真鍮は展延性に優れているため、さまざまな形に加工できるのが大きな特徴です。変形させても材料が破断せず、柔軟に形を変えてくれるので複雑な形でも作れます。真鍮は圧力をかけて薄いシート状にしたり、引き延ばして加工したりしても破断しにくい材料です。

また、真鍮は熱間鍛造性にも優れています。熱間鍛造加工とは材料を再結晶温度以上に熱して柔らかくし、プレス機などの圧力によって加工する方法です。真鍮は熱間鍛造性に優れているため、加熱によってさまざまな形を作れます。熱間鍛造性に優れている点を活かし、ガスコンロのバーナーヘッドなど複雑な形状も作れるのが魅力です。

鉛やビスマスが含まれている真鍮は被削性が高く、切削加工にも向いています。被削性とは切削加工の際の削りやすさを指し、被削性に優れた真鍮を使えばボルトやナットなどの精密部品も作れます。
さらに、真鍮には殺菌作用があるのも特徴で、少しの量でも十分な殺菌作用があります。電気伝導率が高いのも特徴の1つで、コンセントなどの接続機器にも多く用いられている材料です。

真鍮の欠点

真鍮にはさまざまな加工特性がある一方で実は欠点もあります。真鍮は酸化しやすく、空気に触れると表面が徐々に黒ずみ、酸化銅と呼ばれる被膜を作ります。クリアコートやめっき加工などの表面加工をしていれば問題ありませんが、そのままの状態で放置するとすぐに黒くなったり錆びたりしてしまうのが難点です。

また、亜鉛と銅の合金である真鍮は水気にも弱く、汗など少量の湿気でも変色や錆びが進行してしまいます。表面加工が施されている場合でも、経年劣化によって黒ずみや錆びが発生する可能性もあります。
真鍮はゴム製品との相性が悪いのも欠点の1つで、ラテックスや生ゴムと一緒にすると真鍮の成分がゴムを分解して腐食させてしまう可能性が高いです。

真鍮の精密プレス加工

真鍮の特徴や欠点が分かったところで、次は真鍮の精密プレス加工と、プレス加工との違いについて紹介します。

精密プレス加工とは?

精密プレス加工とは、プレス加工の中でもより精密な加工方法を指します。通常のプレス加工よりも難易度の高い製品を作るのが大きな特徴で、加工に使う金型も、より高精度なものが必要になります。真鍮は薄く伸ばしてシート状に加工しやすい材料のため、プレス加工に向いている材料の1つです。

プレス加工との違い

プレス加工と精密プレス加工は、実は基本の加工方法は同じです。プレス加工とは金型と金型を組み合わせて金属を打ち抜くような加工方法で、型抜きクッキーや穴あけパンチのようなイメージとなります。金型には鋼材などを使うのが一般的です。

精密プレス加工で使われている金型は、SKD・タングステン・グラファイト・セラミック・モリブデン・クロムなどさまざまな特殊材料を使っているのが特徴です。プレス加工よりも精度の高い金型を作るため、時間をかけて設計してから多くの材料を用いて製造しています。

真鍮の絞り加工

絞り加工とは2つの金型でシート状の材料を挟み、凹凸のある形に仕上げる加工方法です。円柱や円錐、角筒などの形状を作るのに適しています。真鍮の絞り加工では、真鍮を薄いシート状に伸ばしてから金型で成形します。展延性に優れている真鍮は絞り加工にも向いており、加工性の高さからさまざまな部品に用いられているのが特徴です。
表面加工もしやすく、コネクタ部品や釣具など多くの製品に活用されています。真鍮の絞り加工をする際は表面加工が重要なポイントとなり、加工をしなければ酸化して黒ずんだり錆びたりするので注意が必要です。

真鍮絞り加工の製作実績

真鍮絞り加工について、これまでの弊社の製作実績を紹介します。

リン青銅 端子

リン青銅 端子
リン青銅を加工して作った端子です。小さな部品ではありますが、自社で設計した金型を使用して精密に仕上げています。リン青銅は強度が高く、絞り加工に向いている材料としても知られています。導電性の高さを活かし、端子のほかにもコネクターの材料などに多く用いられている材料です。

C1220 りん脱酸銅

C1220 りん脱酸銅
りん脱酸銅を深絞り加工にて円柱状にした製品です。りん脱酸銅とは絞り加工性が高く熱伝導性の良い材料で、純度99.9%以上の銅を指します。

C1220 脱酸銅

C1220 脱酸銅
脱酸銅を深絞り加工にて円柱状に加工した製品です。脱酸銅とは、リンなどの脱酸剤を添加して酸素を除去した無酸素銅を指します。展延性に優れている銅は絞り加工に向いており、精度の高い製品が作れます。

ベリリウム銅

ベリリウム銅
ベリリウム銅を加工して作った部品です。ベリリウム銅は銅に少量のベリリウムを添加しているもので、強いバネ性と強度を兼ね備えています。

このようにテックジャーニーでは、真鍮の深絞り加工も得意としています。試作から量産まで、自社で設計開発したプレス金型での加工が可能です。焼きなまし等の熱処理からメッキ処理まで対応し、高品質な製品をお届けいたします。

真鍮の絞り加工をご検討なら、ぜひ一度テックジャーニーまでご相談ください。

試作品から量産まで幅広く対応いたします。お気軽にご相談ください。