金属・樹脂加工部品の海外調達ならテックジャーニー

金属・樹脂加工部品の海外調達ならテックジャーニー

加工のご相談・お見積りはこちら

樹脂材料といえば「プラスチック」を思い浮かべる方が多いと思います。実はラップやスポンジなど普段使用している日用品の中にも、たくさんの樹脂が使用されているのをご存知でしょうか。
今回は樹脂材料とは一体どんなものを指すのか、プラスチックとの関係性などを詳しく解説します。また、樹脂材料ごとの特徴や用途も紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

樹脂とは?

樹脂とはその名の通り、樹などから取れる脂や脂のような性質を持つ植物由来のものを指します。中には動物性のものもありますが、ほとんどは植物性の物質です。

天然樹脂とは

樹脂は大きく分けて天然樹脂と合成樹脂の2つがあり、天然樹脂はゴムの木から作られるゴムや樹液を生成して作られる漆などを指します。動物のコラーゲンなどを原料として作られる膠(にかわ)も、同じく天然樹脂の1つとして有名です。膠は主に、日本画の材料として使われています。

合成樹脂とは

合成樹脂は石油を原料として作られるもので、大量生産が可能なため天然樹脂よりも安価で取引される場合が多いです。そのため、様々な商品の原材料として人気が高く、幅広い製品に使用されています。合成樹脂は耐久性をアップさせたり耐熱性を上げたりと、使用用途によって性質を変化させながら調整して使えるのも魅力の1つです。

天然樹脂よりも合成樹脂の方が安価で使い勝手がよいため需要が高く、その結果として現在ではポリエチレンやポリ塩化ビニルなど数多くの種類が使用されています。種類によって特徴や特性が異なり、使用用途や加工方法などによって使い分けることが可能です。

プラスチックと樹脂の関係性

樹脂といえばプラスチックを思い浮かべる方も多いと思いますが、合成樹脂とプラスチックは基本的に同じものを指しています。日本では一般的に加工前の原料の状態を合成樹脂、加工して製品になったものをプラスチックと呼んでいます。

細かくいえばプラスチックは「可塑性のあるもの」という意味で、可塑性とは力を加えて変形させたあとに力を抜いてもその形状を維持する性質です。つまり、力を加えて自由に変形させられるものが一般的にプラスチックと呼ばれています。

樹脂加工とは?

樹脂加工とは様々なものに樹脂を加工することです。耐熱性や耐久性、強度などをアップさせる目的があります。使用する樹脂材料によって効果が異なるため、使用する場面や目的にあわせた素材を使って加工されるのが一般的です。また、樹脂加工には大きく分けて2つの種類があります。

成形加工は大量生産が可能

成形加工は加熱などによって柔らかくした樹脂を金型に流し入れ、冷やして固める加工方法です。一度にたくさんの加工が行えるため、同じものを量産したいときには特に重宝されます。

基本的には「熱可塑性樹脂」と呼ばれる熱で柔らかくなる樹脂が使われますが、場合によっては熱で固まる性質を持つ「熱硬化性樹脂」も使います。熱硬化性樹脂は再加熱しても柔らかくならず、冷やしても固まらないため圧や熱による化学反応を利用して加工するのが特徴です。

成形加工には押出成形・射出成形・ブロー成形・圧縮成形などの種類があり、素材の流動性や性質などによって使い分けられています。

切削加工は特殊な加工もできる

切削加工は機械や手作業で樹脂を削り、加工していく方法です。成形加工よりも手間がかかりますが、細かな加工や繊細な形状も作れます。また、成形加工ではできない特殊な加工ができるのも特徴です。

コストがかかり少量ずつしか生産できないのがデメリットですが、穴や溝などの細かな加工が可能なので様々な用途で使われています。

切削加工は旋盤加工とフライス加工の2つに分けられ、旋盤加工は機械にセットした樹脂素材を回転させながら刃物で削る加工方法です。フライス加工は樹脂素材を固定し、回転している刃に当てながら削って加工する方法を指します。

様々な樹脂材料の特徴とその用途

樹脂素材には様々なものがあり、種類によって特徴や用途が異なります。今回はテックジャーニーでも加工可能な各素材の長所や短所、用途などを詳しく解説します。

様々な樹脂材料の特徴と用途

以上のように、種類によってさまざまな違いがあることが分かります。それぞれの樹脂の特性や長所、短所を知っておけば目的に合わせた素材を選びやすくなるでしょう。

テックジャーニーで加工可能な樹脂材料

弊社は中国、香港に進出して20年を迎える企業です。アジア地域の協力工場との連携を強化し様々な加工品を製作しています。
精度、品質レベルの高い製造工場で部品を加工し弊社の品質検査を得て日本に出荷いたします。樹脂加工品においても、日本品質にて低コスト品を調達することが可能です。

是非一度テックジャーニーまでご相談ください。

試作品から量産まで幅広く対応いたします。お気軽にご相談ください。