金属・樹脂加工部品の海外調達ならテックジャーニー

金属・樹脂加工部品の海外調達ならテックジャーニー

加工のご相談・お見積りはこちら

アルミニウムの加工について

 

 

我々の生活の周りには多くのアルミニウム製品があります。代表的なものは1円玉です。軽くて硬く丈夫なイメージがあるのではないでしょうか。アルミニウムの比重は2.7。鉄(7.8)や銅(8.9)と比べると約1/3です。軽量化による性能向上高まっている今は、とくに自動車、鉄道車両、航空機、船舶、コンテナなどの輸送分野で多くのアルミニウムが使用されています。また上記の写真のようにアルマイト加工を施して外観部品として使用されることもあります。弊社ではマシニング機械加工、板金プレス、プレス加工、など様々な方法にてステンレス加工品の製作が可能です。

アルミニウムの種類

■1000系アルミニウム ~A1070 A1050 A1100~


1000番台表示のアルミ二ウムは純アルミニウムをあらわしています。この材質は耐食性、加工性、溶接性、電気・熱伝導性にも優れてますが、低強度なのが欠点です。 


■5000系アルミニウム ~A5052 A5056 A5083 A5454~


マグネシウムを添加して強度と耐食性を向上させた合金。マグネシウム添加量の比較的少ないものは装飾用や器物用に、多いものは構造材として使用され、合金の種類が多いのが特徴。 中程度のマグネシウムを含有するものとしてはA5052が代表的で、アルミ合金全体の中で中程度の強度を持つ最も一般的な材料である。


上記が弊社で加工している主なアルミ材となりますが、別種番もご相談ください。

アルミ材料での加工技術一覧

試作品から量産まで幅広く対応いたします。お気軽にご相談ください。