受付時間:平日 9:00~17:0003-3753-1666

無料相談 / お見積り

TEL

CONTACT

弊社では粉末冶金(プレス成型)部品の製造を承っています。

加工方法の紹介をいたします。

粉末冶金 P/Mとは??

金属の粉末を専用の「金型」に入れて圧縮成形したものを高温で焼き固める「焼結」をして精度の高い部品をつくる技術のことです。非常に高精度の金型を利用するため同様の形のものを大量生産するのに向いている加工方法です。

製造工程

混錬

KNEADED

金属粉末を決められた割合で配合し、これらの金属粉を混合機により均一に混合します。

成形

COMPACTING

混合された金属粉を精度の高い金型を用いて、自動成形機により常温で圧縮成形します。

焼結

SINTERRING

金属の粉末を押し固めた成形品を「焼結炉」を使って焼き固めます。
これにより、金属の粉一つ一つが結合して硬くて丈夫な製品ができます。
この「焼いて結合させる」ことを「焼結」といいます。

後工程処理

POST TREATMENT

簡単な説明が入ります。簡単な説明が入ります。簡単な説明が入ります。簡単な説明が入ります。簡単な説明が入ります。簡単な説明が入ります。簡単な説明が入ります。簡単な説明が入ります。

検測

INSPECTION

簡単な説明が入ります。簡単な説明が入ります。簡単な説明が入ります。簡単な説明が入ります。簡単な説明が入ります。簡単な説明が入ります。簡単な説明が入ります。簡単な説明が入ります。

完成

FINISHED PRODUCTS

粉末冶金では、「混合」「成形」「焼結」といったシンプルな工程で、金属の粉末素材を無駄なく使用することができます。更に、製品精度必要な場合には 再圧工程・機械加工工程・熱処理工程などを行う事も可能です。

粉末冶金製造のメリット

メリット1 複雑な加工形状が可能

高精度金型による比較的複雑形状なニアネットシェイプが製造可能となります。切削加工などの後加工を必要としない場合が多い。部品の一体化などの提案もしやすい。

メリット2 大量生産に向いている

金型による製造のため、大量生産に優れており、コストダウンにつながることが多い。

メリット3 難加工材での製造も可能

チタンやタングステンなどの難加工材での生産も可能

粉末冶金製造のデメリット

密度が低く機械的強度が劣る。

大型形状の製造は不向き。 鍍金処理などが難しい。

粉末冶金 P/M加工品の主な使用用途

粉末冶金 P/M 加工品の主な使用用途

軸受け 小モジュール歯車 高精度はすば歯車 自動車部品
電動工具 農機具 アミューズメント機器 OA機器
日用品 IT/AV機器 エンジン用部品 輸送機械関係

 

軸受けや歯車を生産することが多いですが、自動車部品にもどんどん展開しています。

製造可能材料

鉄系 銅系 ステンレス系 チタン系

タングステン系

粉末冶金 P/M 製造事例

 

TECH-JOURNEYでは粉末冶金にて生産をいたします。

小ロット~量産まで金型製作から責任をもって承ります。

無料相談
受付中

試作品から量産まで幅広く対応いたします。お気軽にご相談ください。

受付時間:平日 9:00~17:00

03-3753-1666

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください

メールはこちらから